また解凍時はroot権限などでないとパーミッションを持ったまま解凍できない模様。 # パーミッション保持したまま圧縮 tar cvzfp xxxxx.tar.gz ディレクトリ名 # パーミッション保持したまま解凍 … Linuxで扱うファイルは、いずれかのユーザー、およびグループに紐づいています。 新しくファイルを作成した場合、そのユーザーがファイルの所有権を有することになり、ファイルの所有者となります。そして、そのユーザーが属している主グループが、ファイルの所有グループとなります。 ファイル・ディレクトリにはアクセス権というものが設定されていて、このアカウントからは読み込みを許可する、このグループのメンバーなら書き込みを許可する、その他のアカウントには見せない等、利用する側への制限が設定されています。

ファイル内のスクリプトを実行するための権限がないため、権限を与える必要がある $ touch test.sh $ chmod 755 test.sh